横浜市議会議員 おぎわら隆宏

 
HOME / 住民投票の受任者募集

カジノIR誘致の是非を決める住民投票直接請求の署名活動期間が
9月4日(金)~11月4日(水)
と決定しました。
署名を集めて下さる「受任者」を募集いたしております。
受任者をお引き受け下さる方は、ページ下の受任者申し込みフォームからご登録下さい。
漫画での解説はこちらからお読み下さい。

賛成22%、反対66%

神奈川新聞社等が6月20〜21日に行った調査によりますと、66.43%の横浜市民がカジノ誘致に反対(強く反対48.8%、どちらかといえば反対17.63%)し、22.41%の横浜市民が賛成(強く賛成6.87%、どちらかといえば賛成15.54%)し、昨年9月の調査に比べ、反対する市民は2.58%増え、賛成する市民は3.29%減っています。賛成する市民が少ない中で、林文子横浜市長は現在もカジノ誘致を推進しています。

広く市民の意思で決定すべき

カジノIR誘致は、賭博で得た収益で市民生活を営むことを目的としており、単なる財政政策にとどまらず、横浜市民の人生観や価値観に広く関わる重大な決定です政治家や経済界の意図のみで決するのではなく、広くこの横浜に暮らす横浜市民の直接の意思によって決せられるべきものです。

住民投票実現への道

この住民投票を実現するためには、賛同いただく横浜市民の署名を6万2千筆以上集めて、横浜市長に「住民投票条例制定の直接請求」を行う必要があります。市長はその住民投票の必要性の可否の意見を付して、横浜市会に制定の可否を問います。横浜市会が可決すれば、住民投票が実現します。否決すれば、住民投票は行うことはできません。横浜市会が市民の意思を確認する住民投票を可決するよう促すためにも、1筆でも多くの署名を集めたいと考えています。

署名を集める「受任者」を募集

署名を集めることができる人は、住民投票条例の制定を市長に請求する「請求代表者」とこの請求代表者の代わりに署名を集める「受任者」の二つがあります。いずれも何人いても構いません。署名を集めてくださる受任者が多ければ多いほど、署名も集まりやすくなります。 すでに請求代表者は決定しておりますので、「受任者」になっていただける皆様を募集させていただいております。

受任者自身がお住まいの区の区民から署名を集めます。

受任者は、ご自身がお住まいの区の区民から署名を集めることが出来ます。他の区にお住まいの区民の署名は集められません。お友達が他の区にお住まいの場合は、その区の受任者の方に署名を集めていただくことになります。
たとえば、受任者ご自身がお住まいの区が西区の場合、西区民の署名だけを集めることが出来ます。

一人でも多くの受任者を募集しています!

カジノIR誘致の是非についての横浜市民の意思を市長と横浜市会に示し、住民投票の結果に従ってカジノIR誘致の是非を決するべきとお考えくださる横浜市民の皆様に、ぜひ受任者のご登録をいただき、ご家族・友人・知人の皆様の署名を集めて頂きたく、心よりお願いを申し上げます。

受任者申し込みフォーム

お名前*
ご住所*
電話番号*
ファックス番号
メールアドレス*
生年月日*
通信欄