無所属 衆議院候補 おぎわら隆宏

 

理念

HOME / 理念

人はさまざま、人が抱える事情もさまざまな人間社会で、皆がそれぞれの事情を尊重し合い、支え合えるように。

人間社会は、弱肉強食でもなく、競走でも、拝金でもなく、これらを理由に、人が人を苦しめる社会があってはいけません。「利己主義は、文明の産物であって、原始の果実ではない。」とフランスの哲学者アランは言っています。己の生き残りを追求するために、自分あるいは自分達だけ守ろうと、利己主義を助長し、争い、利他を排除し、良心に背を向けることは、人間社会本来のあり方ではありません。

自然界はときに過酷な様相を見せ、たとえば自然災害においては、どのような善人であっても、その命を奪われる理不尽さを伴っています。人間が自然の産物である以上、その厳しさや過酷さを人間自身も合わせ持ち、そのために争いが絶えず、社会の不安もなかなか消えないのだろうと思います。

しかし人間には「人を助けたい」という生まれ持つ良心があると思います。 困っている人がいれば助け、互いに慈しみ支え合う利他の気持ちは、人間本来のものであろうと思うのです。

政治は、過度な競争や争いを助長するのではなく、自然がもたらす過酷さを克服し、人間が生まれ持つ良心を存分に発揮できる社会を整え、ひとつでも多くの苦しみや悲しみを取り除き、互いを支え合う社会を維持することが、本来の役割と思います。

我が国は、戦後これだけ経済的に成功しながら、常にどこか「豊かさを欠いた」国でした。それは、競走に勝つための経済的・効率的な視点だけではなく、もっと自由に、もっと共助的で、互いに安らいで生きることの大切さを物語っています。

誰も一人で生きているのではなく、世界中で皆、支え合っています。
助け合い、恵み合う社会を維持し創造すること。
そして、個人や地域、果ては民族や文化まで、「多様な個」の尊厳を認め、守ること。それぞれの人生・考え方を包容し、尊重し合って初めて、社会は豊かになれると思います。
常に、世界的視野で「多様な個」を尊重すること。
この二つの事柄を実現するために、地方と国とを問わず、立法府である議会は、公平・公正なルールを作る役目を担い、議員は常に明確なビジョンを持ち、市民国民に奉仕することが求められていると思います。

生きることに困った時、生きる甲斐が見つからない時、職場で、あるいは地域の中で、その人にとって支えとなるものと出会えるように。
人はさまざま、人が抱える事情もさまざまな人間社会で、皆がそれぞれの事情を尊重し合い、支え合えるように。
そして、人間社会の無限の可能性を、子々孫々にわたって追求することが出来るように。

地域の皆様が何を望み、何を目指し、何を必要としているかを、常に心の内に置き、皆様のお側に歩ませて頂きながら、横浜と日本のさらなる発展のために、全身全霊を尽くして参る所存です。

荻原隆宏