無所属 衆議院候補 おぎわら隆宏

 

これまでの活動

HOME / これまでの活動 / 発言全文

平成20年 都市経営・行政運営調整委員会

△緑の保全・創造に向けた新たな税制案と市民意見募集について

◆(荻原委員)
 今、事業のお話がされました。新しく事業を見直して少し減らしましたということだと思いますが、この使途の選定において、どういう考え方でやられたのかお伺いいたします。

◎(大場行政運営調整局長)
 別紙1の一番上のところに①から④まで記載させていただきました。市民の皆さんに超過課税をいただくとすれば、その効果が市民の皆さんに実感できるものに限定していったほうがいいだろうと、一方で逆に施設の整備等間接的な効果については、事業はやるにしても別の財源でやったほうがよろしいだろうと、こういう整理で今回仕訳させていただきました。

◆(荻原委員)
 市の財政が苦しいということは、市民の生活が苦しいということに直結すると思うのです。さらに厳しくなっていく環境の中で、またさらに課税をお願いするという場合に、使途の性質というものが非常に厳しく問われてくると思います。その中で森の楽しみづくりとか、森の中のプレイパーク事業とかが新たに負担をお願いする使途として本当にふさわしい事業なのかどうか、市民の皆様にも御判断いただかなければいけないと思いますけれども、これをどのようにお考えですか、本当にふさわしいと思いますか。

◎(大場行政運営調整局長)
 森の中のプレイパーク事業については、一言で言えば市民の皆様に参画をいただいて事業展開していこうという主旨でありますので、今回使途を判断する中では一つの大きな要素として、市民参画の部分が盛り込まれているかどうか一つの目安にさせていただきました。

◆(荻原委員)
 非常に厳しい環境の中での新たなお願いということになりますので、本当に横浜の市民にとって緑を守るという意味で、最小限度の部分が見えてくる必要があると思います。要は事業の優先順位、グラデーションを示していただくことも非常に必要なことではないかと思います。そういうことがこのアンケートの中でも語られていたらよかったのかなと正直思っています。この事業、使途のさらなる見直しは今後行う可能性はありますか。

◎(大場行政運営調整局長)
 きょういろいろ御意見をいただきましたので、また環境創造局ともよく詰めて、今後市民の皆さんからもいろいろ御意見をいただくと思います。一歩一歩御理解が進むような形で再精査していきたいと考えております。

◆(荻原委員)
 そうすると、この事業費も変わっていく可能性があるということでよろしいですか。32億円がさらに下がる可能性もあるということですか。

◎(大場行政運営調整局長)  とにかく使途について、もう一度我々も真剣に再度精査してみたいと思います。結果どうなるかという話はまた別として、仕訳は再度チェックしていきたいと思います。

◆(荻原委員)
 ぜひ厳しい環境に市民はいるということを、しっかり念頭に置いて精査していただきたいと思います。