無所属 衆議院候補 おぎわら隆宏

 

これまでの活動

HOME / これまでの活動 / 発言全文

平成23年 健康福祉・病院経営委員会

△陳情第21号及び陳情第22号の審査、採決

○(石井委員長)
 次に、陳情審査に入ります。陳情第21号及び陳情第22号は、いずれも墓地等の建設及び経営許可等に関して国に意見書の提出を求める陳情ですので、2件を一括議題に供します。
陳情第21号 市境等にまたがる墓地等の建設及び経営許可等に関する法整備を求める意見書の提出方について
陳情第22号 ペットの焼却並びにペット霊園の建設及び経営許可に関する指針の制定等を求める意見書の提出方について

○(石井委員長)
 陳情の要旨等については書記に朗読させます。

◎(小林議事課書記)
 陳情第21号、件名は市境等にまたがる墓地等の建設及び経営許可等に関する法整備を求める意見書の提出方について、受理は平成23年2月2日、陳情者は都筑区、鷺沼大規模墓地反対の会、長野さんほか1名でございます。
陳情の要旨ですが、市境等にまたがる墓地等の建設及び経営許可等に関する条例制定において、周辺住民の明確化、隣接市の同種条例のすり合わせ、市境特別規定等を求める意見書を国に提出されたいというものでございます。
続いて、陳情第22号、件名はペットの焼却並びにペット霊園の建設及び経営許可に関する指針の制定等を求める意見書の提出方について、受理は平成23年2月2日、陳情者は都筑区、鷺沼大規模墓地反対の会、長野さんほか1名でございます。
陳情の要旨ですが、ペットの焼却並びにペット霊園の建設及び経営の許可に関して、各地方自治体が条例を制定するための指針を国が制定することを求める意見書を国に提出されたいというものでございます。

○(石井委員長)
 それでは、各会派の御意見、御質問を伺います。

◆(荻原委員)
 大変に重要な観点の問題であると、その提起をいただいたことに大変にありがたいという思いとともに、今後とも市境、県境、行政区の境におけるこういった諸問題に関しては、恐らく墓地以外も含めて、これから地方自治のあり方を含めて考えていかなければならないと思いながら、今回につきましては、国においても、ここで言われておりますペット焼却ということも話し合いが行われていると伺っておりますので、今回の陳情書に関しては不採択ということで意見を述べさせていただきます。