おぎわら隆宏

 

【無所属】衆議院議員候補 おぎわら隆宏 神奈川4区 横浜市栄区・鎌倉市・逗子市・葉山町

参院選2014 立候補にあたって

衆院選2014 街頭演説 1

衆院選2014 街頭演説 2

第47回衆議院議員選挙 神奈川4区 公開討論会

日本は、多彩だ。人と地域が彩るNIPPON!

ひとつの考え方・生き方にとらわれず、
様々な価値観を互いに尊重し、違いを認め助け合い、
それぞれの幸せを追求できる社会をつくる。

「日本は、多彩だ。」とは おぎわら隆宏

地方分権を貫く。

独立をかけ9月にスコットランドで行われた、重要な事は住民国民が直接決め、政治家もその決定をくつがえしてはならない“拘束力ある住民投票”を日本でも可能にする。政治家だけですべてが決まる政治に終止符を打つ。地域の憲法を作り、地方議会・首長のあり方など地域の仕組みは住民が自ら決める自治制度の導入。

詳しく

専守防衛を貫く。

集団的自衛権の行使は認めない。個別的自衛権こそ重視し、国際協調を深め専守防衛の国是を貫く。集団的自衛権行使が本当に限定的なものになるのか、本当に抑止力に繋がるのか、防衛費が膨張することはないのか。未来にリスクは残さない。

詳しく

脱原発を貫く。

福島の傷も癒えないなか、放射性廃棄物処理の技術も確立されていない。近隣自治体の意見を聞くことなく、住民投票も行わないまま、住民不在で政治家だけで再稼働を進めるのは民主主義と言えない。原発推進は国民の意志に反している。代替エネルギー開発を強化促進。

詳しく

格差是正を貫く。

一生派遣、低待遇であることを政府が容認する社会にはNO!を貫く。人間は弱肉強食では説明しきれない良心と共感の社会に生きている。困っている人を助け、弱い立場の人を守り、人間の尊厳を堅守するのが政治の役目。若者の雇用を守り、実質賃金を底上げして内需を高めてこそ、真のデフレ脱却は成る。

詳しく

身勝手は許さない!

政府におカネが無いと言って増税し、社会保険料を値上げし、子ども達の教育予算86億円(35人学級を40人学級にすることで削減)を削るその一方で、政治家の生き残りの為の大義なき解散総選挙に700億円をかけ、1機100億円するオスプレイを17機買おうとするような政治に、大切な子ども達の未来は託せない!

税金の使い方

おぎわら隆宏 公式Facebookページ

おぎわら隆宏プロフィール

昭和45年1月生まれ。
ドイツ・フランス・イギリス・アルジェリア・日本の5カ国で育つ。
立教英国学院卒、早稲田大学第一文学部卒。会社員、代議士秘書を経て横浜市会議員2期5年を務める。
良識と融和に基づく政治を志す。
趣味は読書、ジョギング、ギター演奏。
好きな言葉は、「無我無心」。

  • プロフィール
  • 理念
  • 活動
おぎわら隆宏